スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然のスタート

ということで、22日(火)の午前中に入院
血液、尿、モニター(赤ちゃんの心拍数などを計る)検査を終えると、
相変わらず、尋常じゃない量の羊水を垂れ流しつつ
ひたすらに“待ち”の状態
(合計で2㍑は出した気がするそれでも大丈夫なんだから赤ちゃんってスゲー)

……で、待つこと24時間。未だ何の音沙汰も無し

日付は23日(水)へ。
午前中にT先生による診断を受けると、
「今日中に生まれそうだけど、子宮口の開きが甘い」とのことで、
「赤ちゃんが下がるように、院内を2時間ほど歩いてみるか?」
との提案を受けましたが、「いや、2時間はムリ」と即答
結局、陣痛を誘発する点滴を受けることに。

その後、お昼を終えたら分娩室のベットにて点滴を開始。
モニターも付けて経過を見守ります
30分ほどたったところで助産師さんが登場。
あまり変化が無い旨を伝えると、
「仰向きから横向きになってみたら?」と提案を受けました。

すると……

何ということでしょう
早速、何やら子宮がギュギューっと縮まる感じが!!

陣痛キタ――(゜∀゜;)――

何か生理痛をすごくしたというか
骨盤から奥歯までくる鈍い感じというか
なるほど、人生初の痛みですなっ!!

などと関心していましたが、
おっと、間隔を測らねば
と思い、頭上の時計を確認してみると
なんと6分間隔???
(普通は15分とかから始まって徐々に短くなるらしい)

早っ!まじかっ!?
しかも、ものスゴく痛くなってきた
ヤバイ~と思って
とりあえず助産師さんを呼びつけてみたのでした。

そしてここからが本番。
28年の人生で一番の生き地獄を体験することに
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

いやぁ~痛いe-330
読んでるだけで 体固まってきたぁe-270
なんせ陣痛を知らずに 産みましたので・・・・

マジ尊敬するわぁe-287
陣痛乗り切って 一人の命誕生させちゃったんだもんね~
すごいわぁe-460

次回の更新まってます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。