スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいで

前に書いた『となりのトトロ』に続き、
またもやジブリ@金曜ロードショー
今回の作品は『ハウルの動く城』です。

『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』で
やれ「環境問題への警鐘が~」だの
「現代社会が抱える闇を切り取った~」だの
と、世界中から評されてしまった駿さんが
「もう世界がどうなろうと関係ないやーい
ってな感じでのびのびと作られたのがコチラ。
(と、かってに解釈しておりますが

そりゃあもう、愛と魔法と冒険に満ち溢れております。
何だかキラキラしていて好きです
賛否両論だったキムタクの起用も結果的には大満足です。

そして今回のお気に入り。

多くの女子が萌え~となった
「ようやく守るべきものが見つかった、君だ」
(キムタクじゃないと、こんな恥ずかしい台詞言えませんよ?)
も良いのですが、個人的に好きなのは

「おいで。」

ジブリ作品の中に多々見られるのですが、
「こっちおいで~」とか「おいでおいで~」ってな具合で
流して言ったり、ただ呼び寄せるだけの意味ではなくて
”受け止めてあげる感”が萌え~です。

ということで、もちろん息子にも
「おいで。」と言っております。
そして噛まれたら、もちろん
「ほら、怖くない」と言ってやりますw
スポンサーサイト

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。