スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児本を買ってみました

お食い初めも終わったという事で
そろそろ離乳食のことなんか
考えなければならない時期に突入です

でも実際、何をどうやって始めたものか
全くもって情報を集めていなかったので、
育児本を買ってみました

ネットで検索でも良いのですが、
やっぱりササッとすぐに確認できたり信憑性を考えると、
本のほうがね。何となく安心です

これでウチの育児本は2冊になりました。
1冊目は両親からプレゼントで頂いたコチラ

育育児典育育児典
(2007/10/26)
山田 真毛利 子来

商品詳細を見る

「育育児典」。ダジャレですな。
装丁がかわいいので本棚にあるだけでも良し。

中身は「児典」とあるだけに活字中心で、
『家庭の医学』の乳幼児版といったところでしょうかね。
「暮らし」編と「病気」編に分かれていて
心配事から検索できるようになっております。

でも、さすがに活字だけでは無理も出て来たので
(いや、具体的に書いてくれているんですけどね。それ写真1枚で分かるよってのが多くて…)
新たに買ったもう1冊がコチラ

はじめての育児0~3歳はじめての育児0~3歳
(2006/01)
鈴木 洋鈴木 みゆき

商品詳細を見る


「いちばんわかりやすい! はじめての育児」。
西東社さんという聞いたことのない出版社でしたが、
ベネッセ、主婦の友などの大手を差し置いて
「いちばんわかりやすい!」とw。
じゃあ、見てやろうじゃないか。ということで買ってみました。

で、こちらはイラストや写真中心の内容で、
今回探していた離乳食の情報も、
1歳3ヶ月くらいまで使える
レシピ付きで紹介されとりますナ~イス

気持ちとしては教科書と参考書を手にした感じでしょうか。
学生時代を思い出しますね。
心に余裕があれば勉強は楽しいもんです
とりあえずは、この2冊&ネットで頑張っていきまっしょい
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

んー興味ありアリ! 最近、育児本見てなかったんで見ようと思いましたし・・自分が持ってるものより人が愛読してるもののほが気になる・・
育児本読んでおくほうが余裕が持てますよね^^

ありがとうございます

>Ugo様
そうですね~。
ちょっとした心配事でも「大丈夫」って書いてあると
とりあえずは安心できるので
近くにママ友がいない分、余計に助かってる感じです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。