スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期健診に行ってきました

相変わらずの定期健診です
と、思ってたら今日はちょっと内容が違いました。

まず、受付をすませたら
尿検、身体測定に続いてモニター(?)検査
お腹に赤ちゃんの心音を調べる機械をつけ、
片手に胎動を感じたら押すボタンを持ち、
30分間どんな動きをしているかを記録します。
聴覚のテストを彷彿とさせます。
窓から見える青空がキレイでした春ですな。

で、それが終わったらエコー&内診です。
相変わらず軽妙なおしゃべりを展開するT先生、
ところが、内診をする前に
「今日はちょっと痛いから
と、彼がサクッとこぼした一言から事態はドラスティックなことに。

はて???

「あぁ、なんか先週言ってたな」とかのんきに思っていたら、
なんだか中のほうでグ~リグ~リされました
いやぁ……これが痛い
どうやら、お産を促すために卵膜を剥がされたらしく、
久々に生理痛の凄いのを味わった感覚です…
今も若干痛いし。久々にナプキンさんも登場です。

「何だったんだ~?」とググってみたところ、
これは「卵膜剥離(?)」とか言う処置らしく、
人工的に「おしるし」を誘発したみたいです。

……。




ちょっと!マジか!?
先生は「あと1週間以内に陣痛かくるかもね~」とか言ってたのに
「人によってはスグ陣痛」って書いてありますけどッ??
ってことで、思いがけずカウントダウン始まっちゃいましたよ
大丈夫かっ!? 私
こないだまで「『おしるし』って素敵な日本語よね
とか気楽に構えてたのに、
お蔭様で本日の検診で俄然テンパリ気味ですよぉっ

ヤバイ!あの痛みが続くのはツライ!

ベビー用品の確認出来てない!

名前とか決まってない!

ってか予定より早すぎて旦那が来る前に退院!?

ヒィィィーっ 次回の更新やいかに!?

スポンサーサイト

定期検診行ってきました

新年度初の定期健診です
前回の診察で、いきなり
「次回から担当の先生がかわりますんで」と言われ、
初お目見えのT先生(♂)による問診です。
30代前半・メガネ・若干オネエ系wという
ちょっと興味深いキャラクターでした。

でも総合病院ってそんなコロコロ担当替わるんですかね。
前のS病院でも担当の先生が転任するって言ってましたよ。
私の場合は特に健康上問題なさそうなので良いですが、
色々心配のある人は引継ぎとか不安になるのでは

では今回の診察についてご報告。
本日は10:30の予約で、診察開始が11:40
待ち時間が長いのも総合病院の特徴ですな。
でも、S病院のときは最短で2時間待ちだったので、
それに比べれば全然ましですかね。
仕事してるときの2時間待ちは結構辛かった…
今後、病院選ばれる方、色々検討してみてください。

内容は、いつもの尿検査、身体測定、エコー&内診に加えて血液検査。
入院にむけてジワジワと新たな検査が始まります
検査とか初めて見る機械とか楽しい~

データ的なとこでいくと
妊娠36週目、赤子の体重は3100㌘強
でも腹回りは前回と一緒の93㌢。なぜに?
そして、ちょっと不安な頭回りの直径10.5㌢。デカッ!
通常、子宮口が開くのって2㌢くらいから始まってMAX10㌢くらいなんですって。
すでにMAX超え。マジかぁ…切るのは痛そうなので避けたかった。
…ま、世の中には色んなものを出し入れしてる人もいることですしw
人体の神秘を信じて頑張りますキャッ

診察料は
現在、旦那の保険証更新のため全額負担の
診察料 3500円 + 検査料 1632円 =5132円
検査料 3098円 + その他 74円   =3172円
---------------------------------------
                          8304円

保険証が出来たら5132円からキャッシュバック。
とはいえ、次の診察が早速来週にあるので
早いこと頂きたいものです。

医療費問題

75歳じゃないですが、医療費…大変です
なんせ病気じゃないからってことで保険が利かない。

ということで今までかかった諸経費のご報告を。
初めて病院にいったのは去年の9月。
妊娠検査薬で反応が出てたので、確認のため大阪のS病院へ

・妊娠期間が冬になるので総合病院のほうが安心か?
・何か緊急事態が起こったときどうせ運ばれるのはここ?
・個人病院は当たり外れがありそう?

などの理由で総合病院にしたものの、早速失敗。
紹介状がないと初診料が5000円もかかるのです
で、血液検査と尿検査、身体測定、内診で計10030円。
ギャフン!

領収書の内訳は
初診料 273pt(保険点数)+自己負担5000円   
処置料 47pt
検査料 1272pt
---------------------------------------------
     1592pt の4780円+自己負担5000円 = 10030円

おぉぉぉ~…これは厳しいぞぉ…
っと思ってたら、1ヶ月後の10月診察料。
確か、尿検査が引っかかって薬をもらったとは思うんだけど、

検査料 589pt +自己負担7970円(←何だコレ!?)
その他             1650円(←って何だ!?)
調整額            -7320円(←って何だ!?)
---------------------------------------------
     589pt の8835円+自己負担2300円 = 11135円

たぶん調整額の-7320円は大阪市の補助のはず。
(前期と後期で2回検査料がタダになる。詳細は以下)
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/joseinotame/kenshin/01.html
でも、これって申請しないとしてくれないのでは? 
あ、でも受診票1枚減ってる。

アレ?ほんで、ポイント減ってんのに負担額増えてるのは何故に?
ひぁぁぁぁぁ~っ訳分からん
……という状態だったんだけど、
仕事もあるし、考えんの面倒!!ってことでスルーしてきました。

で、その後の診察料は
11月02日 再診 70pt+検査料 884pt            =2860円
11月30日 検査料自費 2000円+その他自費 1650円  =3650円
12月26日 再診 70pt+検査料 530pt+他 68pt+薬代 =2690円
01月25日 検査料自費 2000円+その他自費 2400円  =4400円
02月20日 検査料自費 2000円+その他自費 2400円  =4400円
03月05日 検査料自費 2000円+分娩料 2400円     =4400円 
03月06日 医学管理料 250pt                =750円
--------------------------------------------------------
9月~3月分の診察料合計                  =44315円 

とまぁ、ちょこちょこ不明瞭なものが…。
定期検査(尿検査・血圧・身体測定・内診)は分かるんだけど、
12月26日の「他」はまったく分からず
そして、3月5日の分娩料&6日の医学管理料。
これは里帰りのための書類作成料と思われます。
紹介状書くだけで3000円……。医者っていいなぁ

そして、帰省
ここからはT病院での診察になります。
診察内容は尿検査、血圧、身体測定、内診とほぼ一緒。
赤ちゃんの心音確認がなくなったくらい。

で、診察料は…
3月11日 検査料 530pt+他 75pt+
       文書料 630円+基本料4500円+薬代 2240円  =9190円
3月25日 他 68pt+基本料 3500円+薬代 3070円     =6770円

題目は変わったけど、一緒くらいですかね。
予定ではあと4回くらい通うはずなので
4000円×4として16000円。ということは…

診察料だけで76275円、
病院への交通費(大阪・往復300円×9+函館・往復540円×6)、
帰省への飛行機代(超割り使用・14800円×2)を合わせて

111815円!

さらに分娩&入院(6日予定)の費用が
約340000円!!

で、まぁベビーベッドやら何やらを買いだしたら
50万円をサクッと超えていくわけですな。
いやぁ…。大変。月々5万円の出費。
私としては現金払い主義だったんですけど、
クレジット利用したほうがポイントとか稼げたかもね。

出産後には社会保険から出産一時金として35万円、
大阪市から児童手当として3歳まで毎月1万円
(今年から増えたナ~イス)、
旦那の会社から扶養手当て(2名分・5万円くらい?)貰えるので、
長い目で見ればプラマイゼロって考え方も出来ますが…。
共働き時に比べたら……ねぇ? 節約生活です

あと、すっかり忘れてた大阪市の検査料補助(後期分)。
やっぱり申請しないと受けられなかったんでしょうね。
でも結局、血液検査とか「いつもの診察+α」がタダになるってことなので
特に異常が無ければ受ける必要も無かったかも??
大阪で子供を生む予定の方、確認求む。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。